HISTORY
沿革

1999年
7月 創立
2000年
  • インターネットチケット販売サイト「イープラス」サービス開始。
  • 業界初となる「プレオーダーシステム」を導入。
2002年
  • 会員数200万人突破。
  • 直前公演のプライスダウンチケットを提供する「得チケ」サービス開始。
2003年
  • 経常利益黒字転換。
2006年
  • セブン-イレブンと提携。
2007年
  • イープラスで予約、セブン-イレブンで入金発券すると、手数料が0円となる「すぐチケ」サービス開始。
2008年
  • 業界初となる「座席選択サービス」開始。
  • 「e+WEBオープンシステム」サービス開始。
2009年
  • インディーズ・アマチュアアーティストが自ら公演を登録、プロモーションできるサイト「e+エンタメ市場」オープン。
  • ファミリーマートと提携。
2010年
  • ファミリーマートでのチケット直接発券サービス開始。
  • 会員数800万人突破。
2011年
  • iPhoneでチケット購入が可能な「e+アプリ」をリリース。
2012年
  • スマートフォンの画面上で“モギる”チケットで入場できる、デジタルチケットサービス「Smart e+」開始。
2013年
  • スマートフォン向けクーポン事業を開始。会員に向けて、エンタメやレジャーに特化したクーポンをデジタル流通し、O2Oを実現。
2014年
  • 会員数1000万人突破。
  • 美術館・博物館・ギャラリーの展覧会情報&クーポンアプリ「チラシミュージアム」をリリース。
  • スマートフォンから座席指定ができる「座席選択」サービス開始。
  • 座席の位置でサービス料を変え、選びたい席を納得の料金で購入できる「座席選択プラス」開始。
2015年
  • スマートフォンの画面上で紙と同じように“モギる”チケットで入場ができる「スマチケ」開始。
  • 全国の舞台公演チラシがまとめて見られる無料アプリ「チラシステージ」をリリース。
  • 新業態ライブカフェ「eplus LIVING ROOM CAFE&DINING」を渋谷に開業。
  • 新メディア「SPICE」開始。
  • 票券管理システム開発のオーガス、イープラス、ぴあ、ローソン HMV エンタテイメントのチケットエージェント3社、日本ユニシスの出資により、新会社「オーガスアリーナ」を設立。
2016年
  • e+アプリに総合エンタメ情報メディア「SPICE」を追加。日本最大級の本格的エンタメメディアへ。
  • 海外「インバウンド」向けチケット販売メディア展開を開始。
2017年
  • チケット不正購入・高額転売の根絶に向けて会員サービスをリニューアル。SMS認証の2段確認を大手チケット販売会社で初めて全面導入。
  • 世界初・国内最大級 "世界一謎がある"エンターテインメントパーク「東京ミステリーサーカス」新宿・歌舞伎町にオープン。SCRAP、イープラス、ニッポン放送、Cygamesによる運営会社、合同会社「TOKYO MYSTERY CIRCUS」を設立。